オールインワンゲルは手抜きじゃないよ

10代の頃には何も考えず素肌で過ごしていた頃も懐かしい中、習慣化していない化粧水や乳液など入浴後や洗顔後につけるのが面倒で仕方がありませんでした。まだ、20代前半は、綺麗なお姉さんになるためには、ドレッサー前に座って~というドラマのワンシーンのようなことを憧れ考えていました。しかし、実際には肌のために何かをするというより、身支度に時間がかかり朝なんてドレッサー前に座るより天気予報のチェックなど時間がない!晴れていれば日差しは肌を攻撃。日焼け止めが必須と、もう化粧水も乳液も朝からつける余裕がない状態でした。でも、オールインワンゲルは時短できて最高でした。最初は、手抜きをしているようで購入するまで時間がかかったのですが、使い始めたら楽、時間もかからない、仕上がりも同じと、まるで今までの憧れを塗り替えて行きます。より良い商品を選ぶならオールインワンゲルおすすめランキング←コチラをご参照下さい。
オールインワンゲルの中には、日焼け止めも入っている物も売られていて、本当大助かりです。見栄を張らずお任せで大丈夫でした。

ガスール粉末で毛穴のお手入れ

夏場は汗をかくし新陳代謝が活発になるから、どうしても毛穴が開き気味になってしまいます。この時期ともなると特にメイク汚れや皮脂がしつこくて肌が汚く見えてしまうのが悩みなんです。夏用のしっかりとした洗顔料も使ってみたんですが、逆に強すぎてつっぱる物が多いんです。そこで夏に最適なアイテムを探していたら出会ったのが、クレイを粉末状にしたもので使い方も多岐に渡る便利なガスール粉末です。私は普通の石鹸にガスールを少し混ぜて使ってますが、汚れだけを吸着してくれてるみたいです。そして夏の朝には、洗面器にガスール粉末とぬるま湯を入れて緩く溶き、その液体で洗顔します。寝ている間にも汗をかいて毛穴に汚れが溜まっていくので、それをガスールが取り除いてくれます。

毛穴も引き締まるし肌のきめが整うので、朝の洗顔は泡洗顔よりもクレイ洗顔の方が私には合っているみたいです。クレイ洗顔した後のスキンケアは化粧水がぐんぐんと肌に浸透し、しっかり保湿してくれてるなと実感できます。肌のくすみを改善するのにも良いし、メイクのりが断然違います。ガスール粉末の良さは洗顔だけでなくパックやヘアケアにも使えて、応用範囲が広いんです。普段の洗顔とは別にガスールをマヨネーズくらいの固さに溶いてお風呂でパックすると、肌がつるつるになるんです。工夫次第で色々と使えるガスールに今年の夏もお世話になることでしょう。

ヘアトリートメントはやっぱり不可欠

縮毛矯正をしているロングヘアや、それに加えてアイロンなどで髪を巻くことも時々あり、どうしても髪が傷みがちなのでヘアトリートメントは欠かせませんね。効果を高めるにあたっては使うトリートメントの特性を知り、浸透を高めることが大事です。

私は馬油というのが入ったリマーユの洗い流すタイプのトリートメントを毎週使っていますが、使う際にはシャワーキャップなどの帽子をかぶるようにして、10分ほど湯船につかって髪に成分が浸透するのを待ちます。洗い流すヘアトリートメントはすぐに洗い流しても効果が出るものもありますが、たとえ数分でも良いので放置してあげるとより効果的です。

また、毛先から塗っていくようにして揉みこむように使うとよりまとまりや触感が良くなりますね。洗い流す使い方の商品はスペシャルケアとしておすすめですが、デイリーケアとしては洗い流さないタイプのヘアトリートメントが便利です。

私はラサーナというメーカーのヘアエッセンスオイルをドライヤー前に使っていますが、髪に適度に重みが出てまとまりやすくなります。髪にツヤも出るので、見た目も綺麗になりますね。毎日の洗い流さないトリートメントと週に最低一度の洗い流すヘアトリートメントのおかげで枝毛や切れ毛などは全くない状態なので効果を感じています。